天神エリアの屋台の人気メニューって?

会社帰りにちょっと一杯飲んで…的なイメージのある屋台ですが、博多の屋台は観光地化してることもあって、地元民であっても実は入るのに多少の気合いがいる場所です。
しかし一度常連になってしまえば、毎回顔を合わせる飲み仲間ができたり、店員さんから微妙に優遇してもらえる優越感にひたれたりと、この上なく居心地のいい場所になります。
When you think of Yatai(Hakata’s street stall), you would think that it’s just a nice place to have light meal and drink some alcohol on way home after working, but cause those of Yatai have became the tourist place now, you would have to get a bit nervous even if you are a local person.

But anyway, if you once became a regular customer, you would get a pretty pleasant place for yourself that you have some drinking pals.

また、男性にとっては、同じく常連の女の子たちと仲良くなれる魅惑の場所でもあります。
狭い空間で隣に座った見知らぬ女の子にお酒を奢るとかいうアメリカンなことが意外と日常的に行われているのが屋台です。
それを目当てに屋台に通う女の子もいたりするので、需要と供給がマッチしたコミュニティスペースともいえるでしょう。
ただし、あまりにもわかりやすく目をギラつかせて行くと、あっという間に大将からつまみ出されるので注意が必要です。
せっかく来た女の子たちを一人残らず帰らせてしまうような客は歓迎されません。
ましてや、飲まず食わずでひたすら女の子の来店を待つ定置網漁のような客などもってのほかです。
覚えておきたいのは、屋台のルールは概ね「その店の大将の腹一つ」。
どこの大将も長年に渡り博多の酒飲みの猛者を相手にして来たツワモノ揃いなので、空気を読んで快適な屋台ライフを送りたいものです。
ちなみにどこの店も女の子には概ね優しいです。
さて、そんな屋台で、みんな一体どんなものを食べているのでしょうか。
博多の屋台といえば、豚骨ラーメン・餃子・おでん・焼き鳥などが定番ですが、その他にもそれぞれのお店に個性的な人気メニューがあります。
今回は、天神エリアの屋台で見つけたおすすめメニューを紹介したいと思います。

明太オムレツ

博多名物の明太子が入ったオムレツ。
生の明太子が苦手な外国人にも人気です。
明太子は玉子やクリーム系ソースとも相性がいいですね。ふわふわオムレツを箸で割ればとろっと半熟の玉子の中から明太子がこんにちは。博多らしいオリジナルメニューです。

明太オムレツは観光客が必ずといっていいほどオーダーしてますよね。
やっぱり博多は明太子ってイメージなんだろうな。
明太子なんて普段全然食べませんけどね。
普通に高級品だしな。

明太オムレツが食べられる屋台

天神にぎわい屋台てっちゃん
住所とか

もちもち餃子

天神エリアの人気屋台「博多っ子純情屋台 喜柳」のオリジナル・もちもち餃子。
太宰府名物として人気の「梅ヶ枝餅」のお餅の中に餃子を入れてカリッと焼き上げた、喜柳の人気メニューです。
あの香ばしい焼きたて梅ヶ枝餅の中に餃子が入ってるんです。まずいわけがありません。ファン多数。

これ、よく考えたよね〜 梅ヶ枝餅の外側は全然甘くないから中が餃子でもめっちゃおいしい!
ちゃんと梅ヶ枝餅の焼き機で焼いてくれるんですよね。
喜柳は他にもたくさんオリジナルのメニューがあるから人気屋台なのも納得。

もちもち餃子が食べられる屋台

博多っ子純情屋台 喜柳
住所とか
福岡に住んでるからには、1、2件は自分の行きつけの屋台が欲しいところだね。
県外からお客さんが来た時に、屋台行きたいとか言われますもんね。
そんな時にはりきって入った店で見事にぼったくられたりしたら、なかなかのかっこ悪さだしな。